本屋にバカが多いワケ


じめに

牛山田
本屋にはバカが多いの知ってる?
まるっこ
えぇっ!何!?急に!なんで??
牛山田
本屋のバカをサラッと見てみよう!

屋のバカ

  • バカとつき合うな(堀江貴文氏、西野亮広氏著)2018/10/26

  • バカの人』相手に感情的にならない本(和田秀樹氏著)2016/8/4

  • バカ上司の取扱説明書(古川裕倫氏著)2018/9/6

  • すぐ『決めつける』バカ、まず『受けとめる』知的な人(安達裕哉氏著)2019/2/7

  • バカ部下を使いこなす技術(樋口裕一氏著)2012/5/28

  • 学はあってもバカバカ(川村二郎氏著)2018/3/15


<その他バカ>

 

名前
なんだ~バカって、本のことか~
名前
ねっ、本屋にはバカが多いでしょ♬

カの定義

 
バカとは
社会の常識に欠けていること 知能が劣り愚かなこと。 つまらないこと。 無益なこと。
<使い方>
  • 「ダンカン、バカ野郎!」
  • 「イワンのバカ!」
  • 「親バカ」
  • 「バカリズム」

カの起源(諸説あり)

秦の始皇帝が亡くなった後、
息子(皇太子)の補佐役の趙高という男が、
皆がいる宴の席に一頭の鹿を連れてきた。
趙高
陛下、あれは馬ですよ
陛下
マジで?あれ鹿じゃないの??
趙高
ぜったい馬です。なぁお前たち!!
Aグループ
そうですよ、あれは馬ですよ。陛下!
Bグループ
いやいや、なに言ってるんですかあれは鹿じゃないですか。
その後、即座にBグループは皆殺しにされた
趙高、怖えーーーーーー!!
後年、馬と鹿を間違えさせるような
愚かしい行為のことを馬鹿と言うようになった

屋にバカが多い理由

発売月をみるとどれも最近の物が多い!!

キッカケ

2003年に発売された「バカの壁」(養老孟司氏著)が
大ベストセラーになったのがきっかけ!!
バカってインパクトあるし、過去売れてるし
タイトルにつけてしまえっ!!!