中国でパワースポット!!山の中にいる500人の神さまって何!?最澄ゆかりの日本のルーツ再発見!!


中国浙江省の「天台山国清寺(てんだいさんこくせいじ)」に行ってきました。

 

天台山国清寺(てんだいさんこくせいじ)

この寺は、日本仏教の「天台宗」の中心的な寺院 になります。

趣(おもむき)があります。

毎年日本からたくさんの人が訪れているとのことです。

 

5つのみどころ

1.カリパク

境内の置物のうち、約190点は「故宮」から譲りうけて、そのまま返却してないとのこと・・・。

カリパク=借りてもらう(意味)

1972年、田中角栄首相 が天台山国清寺へ訪れるという話が持ち上がったが

その頃は、 文化大革命で境内の歴史遺産が壊れて何もなかったので

見栄を張るのに、「故宮」にちょっと貸してもらったとのこと。

ちなみに田中首相は訪問しなかったとのこと。(なんじゃそら)

2.隋塔(ずいとう)

隋朝(581年?618年?)に建設

国清寺のシンボル、59.3m。六面九層空心のレンガ塔

塔に頭がない伝説。(うろ覚え)

神様が夜中に塔を作ってて(なんで作ってるかは知らない)、

朝までに天に帰らないといけない。

塔の頭を載せれば完成・・・というところで

ニワトリが鳴いたので天に急ぎ帰ったとのこと。

ニワトリの声真似した誰かとの説もある。

塔の頭は別の山にあるとの事。

・・・5ヘェ

3.最澄(さいちょう)

「天台宗」と言えば、最澄(さいちょう)ですね。

学生時代語呂合わせで覚えたのを思い出します。

「テストの採点(さいてん)」→ さい:最澄、てん:天台宗

・・・・・

はて?最澄とは?

平安時代の僧侶で中国(天台山国清寺)に渡って仏教を学び、

帰国後、比叡山延暦寺を建てて天台宗の開祖となった人です。

そこから派生して 今ある宗派が増えていったので、パイオニア的存在です。

4.五百羅漢(ごひゃくらかん)

仏教で供養尊敬を受けるに値する500人の人々の木像が圧巻。 (写真取れない。)

木造に金色が塗ってあり、一つ一つが等身大の木像。

全ての表情、持ち物などが違っており、「掘る人、大変だろうな」と感心しました。

また、表情がとてもユニークで見ててあきません。

似た人にきっと会えるので

おすすめスポットです。

 

 

5.近代文明

・・・LED電球入ってる

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村


ポジティブ日記ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です