宮島にある秀吉が作らせた未完の建造物!! 千畳閣(せんじょうかく) !! 厳島神社を見下ろす意味とは!?


「千畳閣」(せんじょうかく) 名前の由来

豊国神社

千畳閣は豊臣秀吉が中国出兵の武士を弔うために

偉いお坊さん(※安国寺恵瓊(あんこくじえけい))に

作らせた建造物で、名前の通り 畳が千畳くらい敷けるほどの広さがある。

実際は、畳857枚分

アクセス

〒739-0588 広島県廿日市市宮島町

TEL:0829-44-2020

入館料
大人100円 子供50円。入り口で徴収。
営業時間9時〜16時半まで
土足厳禁。飲食厳禁。

立地

千畳閣は「厳島神社」を見下ろす場所に建てられており、

秀吉さんが、崇める諸先輩(信長さんや清盛さん)

よりも上だと、権威を示したのではないかと言われてます。

家柄:平氏 or 源氏

・平清盛 :平氏の家柄 厳島神社の造営

・織田信長:平氏の家柄

・徳川家康:源氏の家柄

・豊臣秀吉:出自が農民のため、平氏、源氏を名乗れない。

後に養子縁組で平氏を名乗る

外観

瓦には王の文字が彫りこまれてます。

王=神

秀吉さんを神仏化して権威をアピールする狙い。

内部

 

未完の建造物で、梁とか壁とかスッカラカンなのは
莫大な建築費がかかっており、秀吉さんの死後、工事を取りやめたからです。

「しゃもじ」のクセが強い!!

千畳閣の中にはしゃもじが 沢山 奉納されてます。

 

しゃもじの発祥
1800年、宮島の光明院の「誓真」(せいしん)という僧侶が、

夢に現れた弁天様の琵琶のカタチより考案。

ご飯を装うのが飯を取るので「めしとる」といい

「幸運、福運、勝運」を招く縁起の良い物ととされています。

当時、宮島は貧乏な島でしたが、誓真さんの知恵のおかげで

産業が生まれた!!

千畳閣(せんじょうかく)=豊国神社(とよくにじんじゃ)

明治時代に秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社となっています。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です