ダッチワイフ(ラブドール)の老舗「オリエント工業」ショールームの行き方


 

1「ダッチワイフ」とは

wiki:

語源:

英語名・・・ Dutch wife(「オランダ人の妻」

1875~80年頃、インドネシア方面へ、貿易に行ったオランダ商人をイギリス商人がバカにしたことが由来。

オランダ人は商売上手で、無駄なことにお金を使わない。

そのため、ボロボロの船で、現地入りし他国のように女性を買うことはせず、蔑んでみられていた。

「ダッチ=オランダは女性を買わずに、枕を妻代わりにして寝ているぞ~」。

この枕が後のダッチワイフの語源となった・・・


<他にもダッチ=オランダが起源の言葉>

・ダッチロール(飛行機などがゆらゆら揺れる事)

・ダッチオーブン(オーブン代わりのオーブン、偽オーブン)

・フライングダッチメン(ゆらゆら彷徨える亡霊)

 


 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(武田鉄也先生が、分かりやすく熱弁してます)


2 オリエント工業とは

社名  :オリエント工業
住所  :〒110-0005 東京都台東区上野5-23-11
設立  :1977年
事業内容:ラブドールの製造販売
代表者 :土屋 日出夫

起業  :

背景としては、障害者が実際に性行為に至れず、性欲をもてあまし、また風俗嬢にも相手にされないなど
非常に難儀していると言う実情を知ったことによる。

当時のダッチワイフは、あまりにも空気漏れが多かったため

ビニール風船人形→ウレタン素材人形へと改良を加え、

ダッチワイフの中でも特にボディを高価なシリコーンで製造したものを 通称「ラブドール」と名付けた。


3 ラブドールに触れてみたい

オリエント工業のラブドールを実際に触れられるショールームは、全国に3か所。東京、大阪、福岡

<上野ショールーム>

<大阪ショールーム>

<福岡ショールーム>


4 大阪ショールーム行ってみた

<流れ>

① 予約の電話を入れます。(ドキドキ)

② 名前と住所と電話番号を伝えないとアポが取れません。(マジか~)

③ 候補を何個か伝えると「○月○日の○時○分~○時○分」とアポがとれる

他のお客様と出会わないための配慮で上下30分は間が空いてるらしい。(ホッ)

 

~アポ当日~

④ 心斎橋駅・3番出口から徒歩4分と近く 心の準備もつかないまま入店。

 

ビルの一室のこじんまりとした中では

10体のドールがお出迎え。(はわわわわ)

⑤ ドールについてざっくり説明を受けます。

・プラスチックタイプとシリコンタイプがあり、シリコンの方がお値段が跳ね上がります。


↑シリコンタイプ600,000円(汗)

・付け替え可能な顔は「石原さ●み」や、「小倉●子」にそっくりですが、

店主曰く、「肖像権があるので真似するわけないじゃない~」との事。

・身体はミニタイプ、中タイプ、トールタイプとお好きなものをチョイス。

・おっぱいも大、中、小と選べます。

・白肌、小麦肌があり、白肌には 実物のような浮いた血管をオプション可能。
(オプション3万円)

・足の裏のシワまで精巧でスゴイ。

⑥ 理性をなくします。

見学時間は15分と短い!

実際に、ファンデーションとか、ブラとか、パンツとか履いてるので

それをめくる時に、理性がなくなります。血液が逆流します。

心の声が「何をしてるんだ~」と言いますが、耳に入らなくなります。

 

⑦ 感触を確認します。

ラブドールの精巧さをまざまざと見せつけられます。

感触もリアル。

oh、メイドイン・ジャパーン!!!

⑧ 残り時間を気にしながら、せわしなくチラ見、ガン見、触診を繰り返す。

 

・・・15分後、あえなく終了。


<後記>

「また来たいな~」と店主に伝えると

「2回目はNG。購入する場合のみOK」と辛口コメント。

「逆一見さんお断り」的な、一流料理店の店主のような威厳があります。

今回、見学したのは大阪ショールームでしたが、本場の上野ショールームにも是非行ってみたい。

しかし、一度訪問した者は二度と足を踏み入れることが出来ない。

鉄のオキテがある。(購入すれば別)

・・・時間をあけて検討したいと思います。

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村


ポジティブ日記ランキング

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL