『モデル』そのすごさの一端を垣間見た! カメラマンの「ふつうにしてください」が出来ない!!!


モデルについて考える

商品をPRするためのポジ(写真)が必要になり

撮影現場にお邪魔してきました。

シロート
いいなぁ、外見のいい人は立ってるだけでお金もらえて・・・

そんなことはない!!!

 

モデルさんは簡単にポーズを決めるので、だれでもできると思いますが、

超ムズイのです。

実例

プロではなく、後輩をモデルに撮影してもらいましたが、

普段こんな顔↓

撮影始まると・・・↓

まぁ、決まらない!!!orz

牛山田
普段は男前なのに・・・

カメラの前だと

目が死んでるし、猫背だし、アゴ出てくる、肩張ってくる、身体カチカチだし・・・・

おそらく100カットくらいシャッターを切ってもらいました。

牛山田
普通にするということはこんなにむずかしいのか・・・

牛山田もこっそり撮ってもらいました↓

作品名

『おしゃれな調度品に囲まれる、5本指ソックスを履いたおじさんの絵』

牛山田
いいね♪

 

シャッター専属カメレオン

モデルさんは、シャッター毎にポーズ、表情が変わります。

そのため上手なモデルさんだと出来上がったポジから

一枚を選ぶのに苦労します。

牛山田
どれもいいから一つに決められない!!

 

改めて、モデルさんのすごさを垣間見ることが出来ました。

<編集後記>

<帰宅途中の後輩と後輩の嫁とのライン>
後輩
「本日撮影した、モデルの写真送るね~」
後輩の嫁
ハゲとるやないか!!
後輩
「先輩なんだけど(笑)」
後輩の嫁
「パイセンとは知らず失礼しました」

 

牛山田は二枚目モデルではなく、個性派モデルでお願いします。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村


ポジティブ日記ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です